伊田勝憲研究室トップ>プロフィール

プロフィール 〔2009/5/31更新〕
略歴
伊田勝憲(Katsunori IDA)
 1976年,北海道札幌市生まれ。1987年3月(小5)〜1989年2月(中1),諸般の事情により不登校&ひきこもり。学校復帰後,諸般の事情により教師を志す。1994年3月,北海道札幌啓成高等学校普通科卒業。「学ぶ」ということの意味に悩み,1年間の浪人生活。そこで研究のアイディアをあたためる。
 1995年4月,弘前大学教育学部中学校教員養成課程心理学科専攻課程入学。当初は不登校の児童生徒への支援に関心を抱き,適応指導教室の指導員をしながら中学校教師を志していたが,次第に学習意欲の研究に傾倒し,1999年4月,名古屋大学大学院教育学研究科(のちに教育発達科学研究科)へ進学。速水敏彦教授(『他人を見下す若者たち』(講談社現代新書,2006年)が大ヒット)に師事。
 大学・短大・専門学校・教員採用試験対策予備校の非常勤講師を経て,2004年10月から松阪大学政策学部講師(2005年4月から三重中京大学現代法経学部に校名変更・改組),2007年10月から北海道教育大学釧路校准教授,現在に至る。
専攻領域
 教育心理学(学習への動機づけ)×発達心理学・青年心理学(パーソナリティ発達・自己形成)
研究テーマ
 青年期における学習への自律的動機づけと自己形成についての教育心理学的研究
学歴・学位
2004/4〜2005/3 名古屋大学大学院教育発達科学研究科研究生(OD)
2004/3 名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程(後期課程)心理発達科学専攻 単位取得満期退学
2001/3 名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程(前期課程)教育心理学専攻修了 修士(教育心理学)
 修士論文題目「自我同一性と授業内容の価値との関係―内発的動機づけ理論の精緻化をめざして―」
所属学会・研究会・社会活動
 日本教育心理学会日本発達心理学会日本パーソナリティ心理学会
 日本青年心理学会日本キャリア教育学会, 日本カウンセリング学会
 日本教師教育学会日本教育方法学会東海心理学会
 心理科学研究会(2005.4〜2009.4全国運営委員,2006〜「心理科学」編集委員),
 自己心理学研究会, ソーシャル・モチベーション研究会, 日本進路指導協会
 NPO法人 三重にフリースクールを作る会 「三重シューレ」 顧問  2003/4〜現在
教員免許状等
 中学校教諭一種免許状 職業指導
 高等学校教諭一種免許状 職業指導
 養護学校教諭一種免許状
 中学校教諭二種免許状 社会
 学校心理士
趣味

 鉄道:鉄道旅行(青春18きっぷ),時刻表検定1級,鉄道車両(モーター音),鉄道写真。
 オセロ1級(日本オセロ連盟
 路線バス:エンジン音の聞き分け(日野・日産・三菱ふそう・いすずの4社)
 食べ歩き:お寿司,お刺身,海鮮丼,味噌カツ,名古屋コーチン,ふぐラーメンetc.
 音楽:吹奏楽鑑賞。特にJohn Philip Sousa をはじめマーチ全般。ワシントン・ポスト・マーチが好み。
  ※軍楽隊の奏でるマーチが好きですが,自称平和主義者です。
 スポーツ:卓球(人並みに楽しめる唯一の競技?),阪神タイガース(もちろん応援だけ)

尊敬する人
 ノーム・チョムスキー(言語心理学者),森岡正博(無痛文明論),苅谷剛彦(教育社会学者),佐藤学(教育学者)
座右の銘
 人生万事塞翁が馬  衣食足りて礼節を知る  足るを知る(知足)


伊田勝憲研究室トップ