北海道教育大学釧路校戸田竜也研究室

 
ようこそ! 戸田竜也研究室へ。
 このホームページは、北海道教育大学釧路校 学校教育講座・地域学校教育専攻戸田竜也を中心とする研究室メンバーで運営するページです。
 すべての子どもたちが教育や地域社会から排除されず、その最善の利益(子どもの権利条約第3条)が保障されるために、特別支援教育・教育福祉の領域から、研究・実践のアプローチをしています




TOPICS







   児童養護施設・釧路まりも学園
 学習支援ボランティア

 2016年度後期 10/12(水)から再開しました

 先輩たちから引継ぎ、10年目となった学習支援ボランティア。年間25回、学生30名が児童養護施設に通っています。
  過去の記事  こちら

写真は、学生作成の「すごろく」で国語・算数 の勉強をしています。
 
大学院「教育心理学特別演習」…適応指導教室訪問

戸田ゼミの活動…中標津俵橋小学校訪問(複式学級)
  • 釧路新聞「巷論」連載中(月1回) NEW!
     2月 「チームとしての学校」―ネットワークは地域の強み
     3月 障害者権利条約の中核 ―包摂・包容される社会
  • 月刊「ノーマライゼーション」2月号に、拙稿「インクルーシブ教育を担う教師の専門性と養成の課題」が掲載されました。詳細は こちら
  • 【講演予定】  
    2月1日(水)  鶴居村教育研究所
    2月22日(水)  釧路地区養護教員会
    3月15日(水)  社会福祉法人アシリカ・はばたき保護者会 
  • 釧路教育研究センター研修講座「特別支援教育V」(2017.1.26) 助言者として参加 こちら
  • 月刊誌「道徳教育」2月号(明治図書出版)に、拙稿「様々な事情を抱えた子どもと道徳授業―子どもたち伝えたいことがあるときこそ、子どもの言葉を丁寧に聴く」が掲載されました。 こちら 
  • 第16回全国障害児学級・学校学習交流集会  2017年1月7日(土)から3日間  500名超の参加で終了! 
     記念対談 山田隆司さん(元雨竜高等養護学校)・戸田竜也   対談の紹介は こちら
     山田さんは、1996年公開「学校U」(山田洋次監督)のモデルとなった方です。 実施要項は こちら
       
    写真は実行委員会より提供。
  • LGBTに関する講義を一般に公開します。 2016.12.21(水)10:40〜12:10 特別ニーズ教育論 終了!
     トラスジェンダーの当事者がゲスト講師となりお話します。 詳しくは こちら
  • 釧路市冬季特別支援教育研修  2017年1月6日(金)  釧路市交流プラザさいわい  終了!            講演「『チーム』で進める子どもの貧困・虐待への対応」 詳細は こちら 
  • 教育科学研究会編集・月刊誌「教育」1月号(かもがわ出版) 特集2「周辺化」される子どもたち
     拙稿「障害児の「きょうだい」支援を考える」掲載  こちら 
  • 釧路新聞コラム「番茶の味」連載スタート 2016年11月27日から7日間 再掲 こちら
  • 釧路市教育研究センター特別重点講座・特別支援教育研修会(釧路養護学校、12月7日(水))
     助言者として小学部1〜3年生ブロックに参加 実施要項は こちら
  • シンポジウム 特別支援教育10年目 〜学び・生活を支える「つながり」とは〜

    2016.11.5(土) 9:45〜12:15  札幌学院大学 於 D-302(D館3階)
    参加費無料、事前申し込み必要なし。 シンポの内容は こちら

  • 2016年度後期担当授業(主なもの)
    新カリ「特別ニーズ教育論」 授業シラバスは こちら
    新カリ「病弱児教育」    授業シラバスは こちら
    ★旧カリ
    「障害児支援法T」   授業の様子は  調整中
  • 日本社会事業大学主催市民公開セミナーシンポジウム(10.22) 120名の参加を得て終了
    子ども・子育て支援新制度の検証から、釧路の子どもたちの生活状況について討論しました。
     詳細(開催要項)は こちら   
  • 特別支援教育研究室のHPに活動アルバムのページを作りました。 こちら
  • 【学生対象】台風10号被害による災害ボランティアの相談に応じます。釧路市社会福祉協議会から情報の提供をいただいています。 北海道社会福祉協議会HP こちら
  • 全障研北海道支部夏期学習会(2016.8.28)にて、「試論、発達保障とインクルーシブ教育」というテーマで札幌学院大学佐藤満教授と対談を行います。 無事終了! 後日概要を掲載します。 学習会の要項は こちら
  • 釧路市・手話を使って豊かに暮らせる街の実現を目指す協議会及び同作業部会に参加しています。釧路市において手話条例の制定を目指しています。 関連HP こちら                         ★釧路市作成の手話を学ぶ動画 「手話で挨拶をしよう」こちら  「手話で話かけてみよう」こちら
  • 障害のある子どもときょうだいのレク&キャンプ 無事終了! 様子は こちら
    ★2016年8月9日(火) 中標津町 【どら塾】 中標津東小学校、道立ゆめのもり公園  詳細はこちら     ★2016年8月15・16日(月・火) 標津町 【ときわサマーキャンプ】文化ホール 他  詳細はこちら            
  • 現職の先生を対象とした免許法認定講習(特別支援)、免許更新講習は終了しました。お疲れ様でした。   
  • 釧路校オープンキャンパス 2016年7月30日(土)10:00〜開催  無事終了             戸田担当:模擬従業「みんなが学び合う学級づくりー通常学級での特別支援」 12:45〜
      当日の様子は こちら から
  • 北海道特別支援教育学会第11回・釧路大会は2016年7月9-10(土・日) 280名の参加で終了。ご参加、ご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。                              

  • 担当授業 「障害児の福祉と地域支援」の紹介
     
    釧路聴力障害者協会蠣崎理事長による講義。
     
    釧路児童相談所主任児童福祉士による出前講座。
     
    釧路市教育委員会スクールソーシャルワーカー等
    による講義。
     
    創作事例にもとづく演習
     
    卒業生・阿部結納先生による講義。阿部先生は、
    釧路管内の学校で特別支援学級の担当経験あり。

    北海道自閉症協会釧路分会(鶴の子会)保護者をゲストに迎えて、子育てをお聞きする。
  • 釧路市教育委員会から講師を派遣していただき特別講義を行いました。 こちら
  • 児童養護施設「釧路まりも学園」学習支援活動を再開しました。 こちら
  • 学習会「今、学校の先生に知って欲しい、性同一性障害の子どものこと」は、140名の参加を得て無事終了しました。話してくれた真田さんをはじめ、サークルCo-REのメンバーもスタッフとして奮闘してくれました。皆さんに深謝!!  詳細は こちら    サークルCo-REのツイッターは こちら   参加者の感想(一部)は こちら
  • 2016年前期 「障害児の福祉と地域支援」授業紹介 こちら
  • 【お知らせ】つながるくまもんパン  別海町・スワンの家
       
  • 性同一性障害(GID)に関する学習会を行います。【140名の参加を得て終了】

  • 卒業生の活躍  ゼミ卒業生が訪ねてくれました。
 
田澤先生は、道内の特別支援学校で教員
 
立岩先生は、釧路市内の小学校で教員
  ← 浜田健太さん
 戸田が教育大釧路校に赴任して最初のゼミ生です。
 現在、岩手県宮古市の放課後デイで指導員として働いています。 
 先日、全障研北海道支部夏期学習会に合わせて、札幌まで訪ねてきてくれました。

NEWS新着情報

2016年3月9日
ホームページを更新しました。
2016年3月9日
明治図書出版月刊誌「授業力&学級経営力」に連載がスタートしました。

著書紹介
       

 写真をクリックすると、出版社のHPまたはamazonにリンクします。

 ■月刊誌「授業力&学級経営力」(明治図書出版)に2016年4月号から1年間連載しています。
   「学級担任・特別支援教育コーディネーターのためのライブ相談室」 詳細は こちら

 ■「特別な教育的ニーズ」をもつ子どもの支援ガイド【著者インタビュー】は こちら
   電子書籍版も刊行されました。 こちら







リンク
 
【連載中】
学級担任・特別支援教育コーディネーターのためのライブ相談室
 
「さまざまな事情を抱えた子どもたち 伝えたいことがあるときこそ、子どもの話を丁寧に聴く」
 
障害児の「きょうだい」支援を考える